家や不動産を手放すコツや買うポイント

実際に一戸建て住宅の主となって、驚いたことのひとつに「固定資産税」の金額がありますね。
私のこれまでのイメージでは、圧倒的に一戸建て住宅の方が固定資産税が高いものだと思っていました。

しかし実際は違ったのです。
実際は、築10余年のマンションの方が固定資産税が高かったのですよね。

もちろん全国どこでもそうだとは言えないとは思いますし、その地域によって評価額は異なるとは思うのですが、よくある地方都市においてはこうだったのですよね。
ちなみに、念のために言っておきますと、土地代も含めてのことです。

固定資産税は、私の場合の支払い所は家屋と土地とが一緒になった請求額です。
つまり、土地付きの家よりも、私が20代の頃に購入した中古マンションの方が、いまでも評価額が高いのですよね。

なんだかもうビックリしました。
そして、なんとなく納得が言っていません。

こんなにも新しくて快適なわが家よりも、昔住んでいたマンションの方が税金が高いなんて…と。
そしてそのような話を友達にしたところ、「あー、それはね」と、あっさり謎解きがされました。

なんでも、評価額は「耐震性」にも重点が置かれていて、木造の建物よりも劣化しない鉄筋コンクリートの方が、評価額が高くなることはあるのだそうです。
だから私の木造一戸建て住宅よりも、以前住んでいたマンションの方が固定資産税が高くなるのですよね。

なんだか納得できたようなできないような…。

同じ土地や家で長く住み続けようと考える場合には、慎重に住まい探しをすることが大切です。
引越しをするとまとまったお金が必要ですし、家を売り買いするということは結構労力が必要なことでもあると実感しました。

マンションは次に譲る人がいなくても比較的売却しやすいですが、私は戸建ての家を売ろうと思った時には、買い取ってくれる人が見つかるまでに結構時間がかかりました。
不動産屋にチラシを刷ってもらって買い手を募集したり、不動産屋のサイトや物件の情報サイトに自分の売りたい土地や家を乗せてもらうようにしたり、積極的に買い取ってほしい不動産の存在をアピールするようにすると、買い手が見つかりやすくなります。

不動産はだんだんと築年数が経ったり、劣化してしまい状態が悪くなるにつれて価値が下がっていくことが多いです。
戸建ての家であれば20年以上建ててから時が過ぎていますと、あまり家屋自体には良い査定が付かず、土地の価値が大きく価値の判断に繋がるといったケースも珍しくありません。

不動産を購入する際には、広告やインターネット上で情報を集めることも大切ですが、やはり一番良いのは自分の目で土地や建物を判断することです。
内覧を積極的に行なったり、一つの不動産にこだわらず出来るだけ多くの土地や物件の中から自分が気に入るものをこだわりぬいて選ぶと失敗が少ないです。

家のリフォームを考える時期になりました

私の家は建ててからもう12年が経過しました。
過ぎてしまえばあっという間なような気もしますが、それを実感したのがリフォーム会社の無料見積もりでした。

住宅メーカーからの委託という事でリフォームの見積もりしてもらったのですが、外壁の痛みや屋根上の劣化、天井裏など細かく点検し大凡の金額を出してくれました。
外壁の塗装とコーキングの打ち替え、屋根の補修などを合わせて150万円ほどでしたが、今の私の家の貯金では到底工事をお願いする事は出来ずに後日お断りの連絡をさせていただきました。

しかし劣化した場所がはっきりしている今、ぐずぐずしている余裕はありません。
特に外壁のコーキングの劣化は放っておくと内部にまで雨などの水が侵入して材木を痛めてしまうので早めに対処しなければなりません。

ローンを組むという方法もありますが、この不景気の中でローンを組むのは命取りになりかねないので断念。
一日も早く景気が良くなる事を祈るばかりです。

自分で補修をするというのも一瞬脳裏によぎりましたが、私はそういう経験がないまま40歳になってしまったので、こういう時にDIYで補修などをしている方は羨ましいです。
屋根に上がるのは無理かもしれませんが、コーキングくらいならばやってしまえそうです。